マイホームを健康住宅で長生きする家を考える会

ある日ピアノの先生の家が新しい注文住宅に変わった

私は小学生の時、ピアノを習っていました。お世辞にも綺麗とは言えない賃貸で細々とピアノの先生をやっているお母さんがいました。旦那さんは公務員らしいので、それほど生活に困ってはいないと思います。そして、ある時、そのピアノの先生が引っ越したのです。新しい土地に注文住宅を建てて、引っ越しをされました。私の考えは間違っていませんでした。やはり、ピアノの先生は貧乏ではなかったのです。

ピアノのレッスンが楽しくなった

ピアノの先生の家が新しい注文住宅になると、ピアノのレッスンに行くのが楽しくなりました。私は、ピアノの面白さに気づけたのです。ピアノのレッスンがはじまる前の時間がとても幸福な時間で、今でもその時の記憶をはっきりと覚えています。

ピアノを思う存分弾けるマイホームを建てた

私は結婚をして、一人の息子を持っています。息子にピアノを習わせたいと思っていたので、注文住宅に住むのは前々から決めていました。妻も私のサポートをしてくれて、マイホームを建てることができました。息子もピアノを頑張っています。注文住宅は夢があっていいと改めて思いました。

注文住宅では住み始めてからイメージが大切

ハウスメーカーとの設計打ち合わせでは、自分の理想にもとづいて希望する条件を提示してしまうことが多いですが、きちんと住み始めてからの生活をイメージしておかないと、不必要な設備や部屋などを作ってしまうことがあります。
特に注意すべき点としては、収納の量を少なくしすぎてしまい、ものをしまう場所が少なくなってしまうということがあるでしょう。
きちんと注文住宅を建てる際には、冷静になって間取りを決めていくことが重要となります。

事例を参考にすると良い

実際に、建物を建てた経験がある人の話などを参考にすると、どのようなものを設計に取り入れていけば良いかわかりやすいでしょう。
特に家族だけで間取りなどを決めてしまうと、見落としなども多くなってしまうので注意が必要です。

生活環境にも配慮する

例えば、大きな窓を配置すると、開放的な雰囲気になりますが、外からの視線が気になってしまうことがあるでしょう。
また、天井高さを高くしすぎると空調の効果が下がってしまうことがあり、光熱費が高くなってしまうことがあります。”

 

㏚|英語上達の秘訣
ダイエットチャレンジ
AGAでお悩み解決
エステサロンを上手に利用する情報サイト
健康に役立つ口コミ情報
AGAお悩み相談.com
女性のための薄毛治療研究会
美容と健康女性ランキング
会社経営に必要な知恵袋
注文住宅のための用語集