気密と断熱だけに捉われないで!

◯高気密高断熱に越した事はないが◯

高気密高断熱住宅は、今やほとんどの住宅メーカーで謳っている事だと思います。『断熱気密性を高めて、夏涼しく冬暖かく』などという謳い文句は、何度聞いたか分かりません。もちろん、高気密高断熱な家に越した事はありませんが、そればかりに囚われていると落とし穴があるので、お気をつけください。

◯冷暖房計画◯

『冬暖かく夏涼しい家』にする為に、高気密高断熱仕様にする事は大切です。しかしそれだけでは、快適に住める家にはなりません。高気密高断熱は冷暖房効率を上げる(光熱費の節約)手段です。つまり『高気密高断熱』にした所で、冷暖房計画を怠ると効果を発揮しません。つまり冷暖房機器をうまく使いこなす必要があります。

◯換気計画◯

また換気計画も重要です。いかに効率よく空気の入れ替えが行えて、尚且つ熱損失を少なくする事が、室温を一定に保つ方法になります。住宅を『高気密』にする事で、換気システムの効率を上げる事ができます。換気計画が不十分だと、室内に悪い空気がこもってしまい、快適な居住環境にはなりません。