健康住宅の魅力

1.家と健康の関係

人は清潔さを保つことで長生きに繋がります。それは家にいても同じ。ハウスダストが発生する家ではシックハウス症候群になる危険性がありますし、カビが多い家に住んでいると呼吸の度にカビを吸い込んでいるので肺などの呼吸器官に支障をきたします。住む家と人の健康には深い関係があるのです。

2.木材が多く使われる理由

家を作る際に用いられる材料は鉄や木材、石、コンクリートなどたくさんあります。それぞれにメリットがあり住宅を心地よくしてくれる建築材料です。なかでも健康住宅として多く用いられているのは木材。杉やヒノキなどが一般的です。有害な物質を含まず暖かなぬくもりを感じられ、裸足でこれほど心地よく感じる材質は他にないかもしれません。そして木材は年数を重ねるうちに表情が変わり色が濃くなってくるので家族と共に変化・成長を楽しめるのも魅力です。

3.ストレスが少ない健康住宅

ハウスダストを防ぐ他にも花粉を防いだり自然と換気・湿気を調整できたりしたりと健康住宅はメリットが大変大きいと言えます。子どもからご年配まで暮らしやすいように設計され、今後も注目度が高くなりそうです。落ち着いて過ごせるストレスが少ない住宅は増えていくのではないでしょうか。